わしん倶楽部

事業内容

2009年1月「楽しく学ぶ 防災・減災教育」を、ゲーム・防災健康体操・乾物&ポリ袋活用防災食等、老若男女問わず企業・行政・学校・町内会などにご提案している一般市民団体です。
授業例:日常さりげなく活用している風呂敷・ハンカチ・新聞・大判ごみ袋などが災害時には、リュック・マスク・食器・スリッパ・ポンチョ・簡易トイレなど工夫次第でいつもと変りない生活用品なる、気付きのご提案をしています。

参加理由

「今日、何の授業」「防災カードゲームよ」「えーっ!」と眉間にしわを寄せる中学生。「防災・災害」と聞くと人々は、怖い・辛い・暗い・重い等のイメージを持ってしまいがちです。そこで、イメージを払拭する何か良い言葉がないかと試行錯誤していた時に佐藤唯行氏のお話を拝聴する機会があり、「楽しく学ぶ フェイズフリー教育」を市民の皆様にご提案し、災害時もいつもと変わらぬ日々を過ごせるよう啓発活動に努めたいと考え、今回登録申請をお願いしました。 

アクションパートナー一覧へ戻る