宮路修史

WEBサイト

事業内容・活動内容

長野県辰野町を中心に、キッチンカーを活用した「地域のもしものためのいつも」を考える活動を行なっています。1つの地域から盛り上げていき、活動を広めていくことで、地域間でのもしものためのいつもが行われていくことを目標としています。

参加理由

東日本大震災が起きた時、私は小学生でした。何も出来ずにただテレビを見て毎日を過ごすしかありませんでした。ただ、このような悲しい出来事を繰り返すようなことがあってはいけないと強く思い、大学生になってから復興庁のインターンに参加をし、東日本大震災の被災地にて勤務をしました。そこで笑顔で働く地域の方々を見て、「地域のもしものためのいつも」をつくれたらとおもい、そういった活動を始めようと考えたことが参加の理由になります。

アクションパートナー一覧へ戻る